シャンパンタワーに必要なボトル数の目安と使用しているグラスの数

シャンパンタワーに必要なボトル数の目安は以下になります。

四角型□ 丸型○ 三角型△
5段 6 ~ 8 3 ~ 4 3 ~ 5
6段 8 ~ 11 5 ~ 6 6 ~ 8
7段 15 ~ 20 7 ~ 8 8 ~ 10
8段 35 ~ 40 8 ~ 10 15 ~ 20
9段 50 ~ 55 14 ~ 20 25 ~ 30
10段 65 ~ 70 15 ~ 22 35 ~ 40
11段 90 ~ 95 26 ~ 33 50 ~ 55
12段 115 ~ 120 36 ~ 42 65 ~ 70

※丸型のシャンパンタワーの場合、内側の(アクリル板で塞がっている)グラスにはシャンパンが注げないので、シャンパンが注げる外側のグラスのみの個数を表示しています。

追加オプションの色付けをすることで、必要なボトルの本数を減らすことができます。

色付けの水の量は調整することが出来ますので、ボトルの本数を最大1/4程度まで減らすことが出来ます。

※本数はグラス(135ml)全てにシャンパン(750ml)がいっぱいまで入った場合の本数です。

上記の本数はあくまでも目安となりますので、実際は溢れることを考慮して多めに準備することをお勧めします。

▼シャンパンタワーに使用するグラスの数は以下になります。

四角型□ 丸型○ 三角型△
5段 55 31 35
6段 91 47 56
7段 140 66 84
8段 204 88 120
9段 285 113 165
10段 385 142 220
11段 506 174 286
12段 650 209 364

※丸型のシャンパンタワーの場合、シャンパンが注げる外側のグラスのみの個数を表示しています